×

松潤 “姉”松嶋菜々子からの助言に「大きなお世話ですよ!」 主演ドラマ「となりのチカラ」制作発表

[ 2022年1月18日 05:00 ]

松嶋菜々子(左から2人目)とのトークで会場をわかせる松本潤(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 嵐の松本潤(38)と女優の松嶋菜々子(48)が17日、都内でテレビ朝日ドラマ「となりのチカラ」(20日スタート、木曜後9・00)の制作発表に出席した。2005年のTBS「花より男子」で姉弟として共演して以来、本当のきょうだいのような関係性。松嶋は、松本が撮影現場で細部にまでこだわりを見せていることから「見たままを何でも口に出すと、女の子にもてない。結婚できるのかなと心配している」と“姉”として意見。松本は「大きなお世話ですよ!」と対抗。ほのぼのとした“きょうだいげんか”で場を和ませた。

 さまざまな問題を抱える住人がいるマンションが舞台の社会派ホームコメディー。脚本の遊川和彦氏は「自分の最高傑作」と自信の表情。松本は上戸彩(36)が演じる快活な妻に支えられる、優柔不断な自称小説家役。「上戸さんに尻に敷かれるなんてなかなかないので、うれしい」とドラマ内の結婚生活を楽しんでいるようだった。上戸は現場での“夫”に「スタッフ皆さんの気持ちをくみ取ってそこにいて、パーフェクト。こうなりたくても才能がなければなれない」と太鼓判を押した。

 フジテレビ「ラッキーセブン」(12年)以来10年ぶりに松本と共演となる松嶋は、上戸と同様「膨大な量のセリフがあるのに、カメラチェンジなど細かいところまで見ていて感心している」と成長に目を細めた。一方で、プライベートも気になる様子。「出会いはあるのか心配。あんまりいろんなところが見えすぎると(ダメ)。目をつぶることも必要」と助言を送った。これには、いつも冷静な松本も「気をつけます、もう勘弁してください」とたじたじ。松嶋のアドバイスをチカラに、幸せな報告が聞ける日が来るのか注目だ。

 ≪長尾謙杜の源は…“いなりのチカラ”≫なにわ男子の長尾謙杜(19)は、事務所の大先輩である松本と初共演して「びっくりするくらい背中は大きい。潤君みたいになりたいです」と尊敬のまなざしを向けた。自身のチカラの源を聞かれると「なにわ男子のメンバーやファンの皆さん、キャストの皆さん」と回答。松本から「アイドルっぽいお答えは頂いたので別の(回答)をどうぞ」とむちゃぶりされ、「おいなりさんが好き。“いなりのチカラ”ですね!」と、タイトルに掛けた答えで切り返した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月18日のニュース