×

氷川きよし「乗り越えてまた輝いていく、そんな思いに」 久しぶりの演歌 2月1日リリース「群青の弦」

[ 2022年1月18日 05:30 ]

氷川きよしが2月1日に発売する新曲「群青の弦」のジャケット写真
Photo By 提供写真

 歌手の氷川きよし(44)が、2月1日に新曲「群青の弦(いと)」を発売する。ここ数年、全ての区分けを超越した活動を見せてきたが、久しぶりの演歌。「春の海」で知られる盲目の箏曲(そうきょく)師・故宮城道雄が題材となっている。

 新たに公開されたジャケット写真では、長髪を後ろで一つにまとめた中性的な氷川がりりしい表情を見せている。新曲について「どんなハンデや苦しいことがあっても、乗り越えてまた輝いていく、そんな思いにさせていただける一曲」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月18日のニュース