×

EXILE・ATSUSHIが19日静岡公演延期 気管支喘息からくる肺炎と診断「喋ることもキツい状態」

[ 2022年1月18日 18:29 ]

「EXILE」のATSUSHI
Photo By 提供写真

 「EXILE」の ATSUSHI(41)が「気管支喘息からくる肺炎」のため、今月19日に予定していた「EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2021 “Heart to Heart”」の静岡公演を延期すると18日、所属するLDHが発表した。ATSUSHIは「楽しみにしてくださっていた、お客様に対しては、本当に胸が痛く、苦しい想いでいっぱいです」とコメントしている。

 本人から体調不良との報告があり、医師の診察を受けたところ、「気管支喘息からくる肺炎」によってしばらく安静が必要との診断を受けた。治療を受けて現在は回復に向かっているが、本人、スタッフの協議の結果、ライブパフォーマンスは難しいと判断。同公演はもともと振替公演だったが、再延期が決まった。

 ATSUSHIは所属事務所を通じてコメントを発表し、「元々が延期公演だったのですが、さらにその公演を延期せざるを得ない状況になってしまったことを、心より申し訳なくおもっています」と謝罪。「1週間前くらいから咳が止まらなくなり、日に日に声が出づらい状況になり、喋ることもかなりキツい状態になってしまいました。最初は新型コロナウィルスに感染したことを自分自身も疑い、何度かPCR検査をいたしましたが、結果は陰性ということで、どうやら新型コロナウイルスではない別の症状であるということを確信し、本日病院に行き検査をしてきました」と新型コロナではなく「気管支喘息からくる肺炎」と診断を受けたことを明かした。

 完治には1~2週間かかるといい、「会場に来ていただいたお客様に対して、とてもじゃないけれどチケット代をいただけるような歌が歌えない状況にある中で、無理を押してステージに立つことは、失礼にあたると思い、延期させていただくことを決意いたしました」と報告。

 そして「今回のツアーは何年かかっても、47都道府県を周るというコンセプトで走り始めたツアーでしたので、延期になってしまった静岡公演に関しては、必ずいつか実現させると心に決めていますので、どうかまだまだ未熟な自分を、今後ともあたたかく見守っていただけることを心より願っております」とメッセージを送っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月18日のニュース