芸能界からも目撃情報が続々 ブルーインパルス描いた五輪マークに「感動!!」「一生涯で最初で最後」

[ 2021年7月23日 14:42 ]

<東京五輪開幕関連>国立競技場の上空を5色の煙で彩るブルーインパルス(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が23日、東京五輪開会式の前に東京都心で展示飛行。開会ムードを盛り上げた。

 ブルーインパルスは6機編隊で都内を周回した。正午過ぎの午後0時20分ごろに入間基地を飛び立つと、時折青、黄、黒、緑、赤のカラースモークを出しながら、東京都庁、東京タワー、東京駅、東京スカイツリーを通過。国立競技場上空に到達すると、午後0時50分頃にカラースモークで五輪マークを表現した。

 芸能界からもSNSを通じて目撃情報が次々と上がり、元「モーニング娘。」で2児の母でもあるタレントの飯田圭織(39)は「ブルーインパルス観られましたーーーー5色で五輪を描いて飛行していました」と興奮気味に写真を添え「風が強くてすぐに消えてしまいましたが子供達感動」と報告。2019年2月に舌がん、同年4月には食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(54)も「ブルーインパルス、自宅のバルコニーから見えました」とした上で「一生涯で最初で最後の、東京オリンピック。そう思うと感慨深いものがあります」とつづった。

 タレントの川崎麻世(58)は「感動!!」と動画をアップし「ブルーインパルスの皆様お疲れ様でした」と感謝。女優の細川直美(47)は「ブルーインパルスの飛行中継を見つつ自宅の屋上から基地に戻るところを見送る事が出来ました」とし「去り際までどこまでもカッコイイな そして、やっぱり感動しました」と胸中を明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月23日のニュース