開会式に真矢ミキも出演 大工の棟梁に扮してパフォーマンス

[ 2021年7月23日 20:25 ]

真矢ミキ
Photo By スポニチ

 第32回夏季オリンピック、東京五輪は23日午後8時、国立競技場で観客を入れずに開会式を行い、開幕した。開会式では女優の真矢ミキ(57)が江戸文化をリズムダンスで伝えるコーナーに出演した。

 江戸時代から伝わる「木遣り唄(きやりうた)」を江戸消防記念会の人たちが歌い、続いて大工姿の真矢らが登場。棟梁役の真矢の号令で、他の出演者たちが木工作業を始めた。

 トンカチやノコギリなど大工道具の音が、しだいにリズムがそろってきて、パーカッションパフォーマンスにタップシューズの音も加わる。ダンサーやアクロバットなど、たくさんの仲間たちが集まってきて、壮大な群舞になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月23日のニュース