サンド富澤 五輪最終聖火ランナー「増田明美さん」と“予想”も…本人キッパリ「私は失敗しちゃたし」

[ 2021年7月23日 18:55 ]

元五輪女子マラソン代表でスポーツライターの増田明美さん
Photo By スポニチ

 NHK「東京2020オリンピック開会式直前SP」が23日に放送され、出演したお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富澤たけし(47)は最終聖火ランナーについて「ズパリ増田明美さんです」と“予想”。その後、同番組に出演した本人は「あるかな~。(でも)あれはメダル獲らないと。私は失敗しちゃたし…」と答え、スタジオは笑いに包まれた。

 番組内で「開会式の最終聖火ランナー」が誰になるかについて話題が飛ぶと、富澤は「ズパリ増田明美さんです」とキッパリ。相方の伊達みきお(46)が「確かに現場にいたもんね」とコメントすると、映像が中継先の国立競技場前を映し、元五輪女子マラソン代表でスポーツライターの増田明美さん(57)が登場。増田さんは靴ひもを締め直し、無言で競技場へ走り出すと映像が終了した。番組が進みしばらく経った後に今度は競技場内に移動した増田さんが再び登場し、スタジオから最終聖火ランナーについて問われると「あるかな~。あれはメダル取ってないと。私は“失敗”しちゃたし…」と否定した。

 それもそのはず増田さんは開会式当日の解説を担当。本番前とあっても“番組の演出”に貢献する姿に、スタジオで見ていたタレントの指原莉乃(28)は「こんなギリギリまで仕事いれてくれるんだ」とコメント。伊達は「ここまで情報が良く出てこないね。それが凄いと思って。誰も知らないんだから」と感心しきりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月23日のニュース