海老蔵が五輪開会式に登場、ピアニスト・上原ひろみと融合、斬新歌舞伎で盛り上げた

[ 2021年7月23日 23:33 ]

<東京五輪開会式>開会式のステージに登場した市川海老蔵(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 第32回夏季オリンピック、東京五輪が23日午後8時、国立競技場で観客を入れずに開会式を行い、開幕した。開会式の演出には歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)が登場した。

 歌舞伎の見えを切ると、ピアノの旋律が流れ始め、ステージの反対側にピアニストの上原ひろみ(42)が登場。歌舞伎とピアノの融合という斬新な演出で式を盛り上げた。

 海老蔵は小道具、かつら全てを合わせて60キロ程度の衣装を身にまとい、演技を行った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月23日のニュース