カズレーザー 解任の小林賢太郎氏のコント「越えてはいけないラインってどうしてもある」

[ 2021年7月23日 13:31 ]

「メイプル超合金」のカズレーザー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(36)が23日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。東京五輪の開閉会式のショーディレクターを務めていた小林賢太郎氏(48)の解任についてコメントした。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、小林氏が過去にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を題材にしたコントを発表していたことが発覚したとして解任。組織委は、小林氏が1人で演出を手掛けた部分はないとして、23日の開会式は予定どおり実施する方向。

 カズレーザーは「2011年の震災の時に海外のコメディアンの方が津波被害、災害のことを揶揄(やゆ)した発言して、それに対して怒りをもった日本人とか多くの方がいたと思うんですよ。やっぱり越えてはいけないラインってどうしてもあるので、これは不適切だったと思いますね。これがウケたとて許されないことではあるじゃないですか」と自身の考えを述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月23日のニュース