石丸幹二 延期のミュージカル「パレード」ようやく開幕「ご心配をおかけしました」

[ 2021年1月17日 15:25 ]

石丸幹二
Photo By スポニチ

 俳優の石丸幹二(55)が17日、自身のツイッターを更新。開演が遅れていたミュージカル「パレード」が初日を迎えることを報告した。

 石丸は「ご心配をおかけしました。快復後、稽古に復帰致しました」と報告。「そして本日18時より東京芸術劇場プレイハウスにて、初日を迎える事となりました」とつづった。

 石丸は昨年12月28日に喉の違和感を覚え、今月2日になっても症状が続いたため、抗原検査を受けたところ、陽性が確認され、新型コロナウイルス感染と診断。療養を続けていたが9日に経過観察が解除。10日よりミュージカルの稽古に復帰していた。

 「パレード」は当初、15日に開幕予定だったが、石丸らの4人の公演関係者が感染し、最終的な公演スケジュールを確定させることができず、初日延期と15~17日の計4公演中止を決断していた。

 同ミュージカルに出演を予定していた武田真治(48)も新型コロナに感染し、療養していたが、16日、インフルエンザに感染していることが判明。当面休演し、回復次第、公演に復帰することが発表された。武田が演じる役については、田川景一(35)が務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月17日のニュース