神田正輝、まき子さん気遣う「一番ホッとしているんじゃないですか」

[ 2021年1月17日 05:30 ]

石原プロモーション 58年の歴史に幕 ( 2021年1月16日 )

神田正輝
Photo By スポニチ

 神田正輝(70)はレギュラーを務めるテレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」に生出演後、都内の自宅前で取材に応じ「(石原)まき子さんが一番ホッとしているんじゃないですか」と会長として裕次郎さんの亡き後に石原プロを率いてきたまき子さんを気遣った。

 自身の今後については「今あることを片付けていくだけで、終わったところで考えます」と語った。石原プロ社史では「石原プロで始まり、石原プロで終わります」とつづっていた。1975年に知人を介して裕次郎さんと出会い、76年に「大都会 闘いの日々」でデビューしている。周囲によると、新たな仕事は入れておらず、俳優業に一区切りをつけて、バラエティーを主軸に活動していくとみられる。

 一方、舘は今後独立して俳優活動を継続。石原プロの一部スタッフも合流するという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月17日のニュース