佐々木恭子アナ かつて出演の「とくダネ!」終了に「寂しいです、本当に」

[ 2021年1月17日 12:09 ]

フジテレビ・佐々木恭子アナ
Photo By スポニチ

 フジテレビの佐々木恭子アナウンサー(48)が21日、同局「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。小倉智昭(73)がキャスターを務める同局「情報プレゼンター とくダネ!」が3月26日で終了することに言及した。

 同番組で、入社4年目、26歳から36歳まで、サブキャスターを務めていた佐々木アナは「毎日、家族と一緒にいるよりも小倉さん一緒に過ごさせてもらった」としみじみ。

 かつて、前日に飲み過ぎて、嘔吐しながら本番を務めた過去にも触れ、「ちょっとやらかしたんです。それが週刊誌のネタになっちゃって。小倉さんのイジメによる、心労で吐いたってことになったので、私としてはそっちが通用すればいい、みんな信じてほしいと思った」とぶっちゃけて笑わせた。

 それでも、22年で番組が終了することに「寂しいです、本当に」と寂しがった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月17日のニュース