狩野英孝 クセが強すぎる歌で人気も動画再生数は苦戦「違法アップロードばっかり伸びて」

[ 2021年1月17日 15:01 ]

お笑いタレントの狩野英孝
Photo By スポニチ

 お笑いタレント狩野英孝(38)が、17日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」(日曜後1・59)に出演し、話題になっているクセが強すぎる歌について語った。

 高校時代にはビジュアル系バンドを組み、ボーカルを務めていたという。その影響で、路上ライブではオリジナルのアレンジを披露していた。「ミュージシャンがコンサートだとアレンジして歌うじゃないですか?それがかっこいいなと思って」。ところが、クセの強すぎる歌いっぷりは周囲の笑いを誘っていたようで、「ちょっとアレンジして歌ってたら、周りがクスクスしてるなとは思ってたんですけど…。僕的にはかっこいいと思ってやってた」と振り返った。

 そのうち、「千鳥のクセがスゴいネタGP」に出演し、その個性的すぎる歌が話題に。コロナ禍もあって少人数の収録だったため、反応も期待していなかったが、放送で「千鳥」の2人がウケている様子にビックリ。「『千鳥』さんはケラケラ笑ってて、こういうの好きなんだなって」と首をかしげていた。

 狩野は自身のYouTubeチャンネルに、クセが強い歌動画を公開しているが、伸びは今ひとつという。「テレビきっかけで再生回数が伸びていくだろうなと思ったんですけど、一般の人がテレビを切り取って違法でアップロードするんですよ。そっちばっかり伸びて、本家が伸びないんです」とこぼしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月17日のニュース