中居正広「普通の人ですからね、家では」ハムと冷凍餃子で年越し、ヒゲはボーボーも紅白はしっかり視聴

[ 2021年1月17日 15:53 ]

タレントの中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が16日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)に出演。コロナ禍により、これまでから大きく様変わりした自身の年末年始について明かした。

 日頃はタレントとして多くのレギュラー番組を抱え、自ら立ち上げた新事務所「のんびりなかい」社長としても多忙を極める中居。この日は2021年になってから3回目の放送だったが「あけましておめでとうございまっす~!」と改めて明るくあいさつしてから番組を始め「10日ちょっと。2週間までなかったかな」という年末年始の長期休暇について触れた。

 そして「ひたっすら…鍋でしたね」と年末年始の食事情について明かし「年末はやっぱり百貨店行って、いいもの買って…みたいな。いい食材を買って盛り上がって年末、三が日を過ごそうと思ってたのかな」と昨年12月29日から鍋生活が始まったとした。だが、27日、28日に百貨店でいい食材を買い込み、29日、30日には早くも気分が盛り上がって豪華な鍋を食べてしまったため、その後は「ちょっと悲しかった」というまさかの展開に。

 「31日にいつもの天ぷらそば食べて、きょうはどこにも行かないからって日本酒飲んで、夜どうすればいいかなって思って。僕の計算ミスだったんですけど、365日の中で一番冷蔵庫に何もなかった日だった」と中居。「29、30…なんか盛り上がっちゃったんだ、ひとりで。その前に買ったやつを全部食っちゃって。結局、餃子とハムとかになっちゃった」と2020年最後の食事を明かして大笑いした。「酒飲んじゃったから。やっべ、車乗れないじゃん!と思って。買い物できない。どうしよっかなと思って」と急きょ直面した食材不足に「ちょっと計算ミスだな、これ…。結局ハムと冷凍餃子でしのいだって感じかな」と振り返った。

 また、例年は気の置けない地元の友人たちと旅行に出かけるのが恒例となっている中居だが、コロナ禍のため、これもなし。「行かなかったというか、行けなかったというか。会いもしなかったし」とし「テレビを見たかな。紅白見ました。無観客でどういうふうにするのかなーっていうのがちょっとあって。見てみたかな。だから嵐くんもちょっと見たね、年末ね」とし、かつて司会を務めたNHKの紅白歌合戦については「GReeeeNが良かったのかな」と感想を語った。

 「あと、この2週間ぐらいで間違いなく太ってしまいましたね」とも明かした中居。「もうそりましたけど、ヒゲも結構伸ばして。2週間で結構ボーボーになんのよ。ヒゲって伸ばしてると触っちゃうんだよね、なんか知んないけど。口の脇のところからあごにかけて触っちゃう癖があんだよなー。気持ち良くもなんともないんだけど、なんか触っちゃうんだよね。で、きったないヒゲだなーって。もう普通の人ですからね、家では。風呂も入んなくなっちゃうし、きょうは一回も顔洗ってないな、とか。これ、良くないなと思いながら。こうやってダラダラ過ごすのもいいなーって。でも2キロちょっと太ったかな」と“アラフィフアイドル”のリアルな?年末年始を明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月17日のニュース