武田真治 インフルエンザ感染で舞台「パレード」当面休演 代役は田川景一

[ 2021年1月17日 13:29 ]

俳優の武田真治
Photo By スポニチ

 俳優の武田真治(48)がインフルエンザに感染し、17日の夜公演から出演を予定していたミュージカル「パレード」のキャストが変更されたことが17日、分かった。舞台の公式サイトで発表した。

 武田は16日に発熱し、医療機関を診察を受けたところインフルエンザに感染していることが判明。公式サイトでは「当面は休演し、回復次第、公演に復帰とさせていただきます」としている。武田が演じる役については、田川景一(35)が務める。

 武田は2日、新型コロナウイルスに感染していることが判明。計4人の公演関係者の陽性が確認され、15日に開幕を控えていたミュージカル「パレード」(15~31日、東京芸術劇場プレイハウス)は初日を延期、15日の夜公演から17日の昼公演までの計4公演が中止となっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月17日のニュース