櫻井翔、笠井信輔アナ リモートで初共演 アフラック新CM

[ 2020年9月28日 05:30 ]

アフラック新CM「櫻井さんの取材ノート 笠井さん がんになった時の不安」編に出演する櫻井翔
Photo By 提供写真

 嵐の櫻井翔(38)が10月5日から放送されるアフラック生命保険<生きるためのがん保険 Days1 ALL-in>の新CMでフリーアナウンサーの笠井信輔アナ(57)とリモートで初共演した。

 櫻井が、がん経験者の声を聞き、保険について語り合う「櫻井翔の取材ノート」シリーズの最新作。昨年独立した直後にがん(悪性リンパ腫)が発覚、4カ月の闘病生活の後、今年4月に退院した笠井に櫻井がリモートでインタビューを行うという内容だ。

 櫻井は当時の心境を真摯に問いかけ、貴重な経験談に聞き入る。笠井はがん診断直後の率直な胸の内や、保険に入っていたことで家族への責任を果たせたこと、闘病生活を支えてくれた家族への感謝などを前向きに語っている。

 自身も報道番組でキャスターを務める櫻井は、リモートながらも長年報道番組で活躍してきた先輩へのインタビューを楽しみにしていた様子で「番組のスタッフの方々も、僕たちが共演することをすごく喜んでいました」と笑顔で明かした。

 笠井は10月10日のサッカーJリーグ「アフラックデー2020~小児がんサポートマッチ~」特別番組(13時45分~14時50分放送)にも出演が決定。同日の柏対神戸の試合直前にYouTubeで生配信するもので、同社がスポンサーを務める柏をオンラインで応援する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月28日のニュース