はいだしょうこ 竹内結子さんの“お茶目”エピソード 「いつかまた」伝えたかった感謝の言葉

[ 2020年9月28日 11:02 ]

はいだしょうこ
Photo By スポニチ

 歌手でタレントのはいだしょうこ(41)が28日、自身のインスタグラムを更新し、27日死去した女優の竹内結子さん(享年40)を追悼した。

 竹内さんとは2016年放送のNHK大河ドラマ「真田丸」で共演。突然の訃報に「とてもショックで、信じられない気持ちもあり、頭の中にずっとずっと浮かんできます」と悲しみをつづった。

 また、竹内さんと初対面した際のエピソードを「あわてて、持っていたカバンを地面に投げ捨ててご挨拶をした私をみて、笑いながら、そんな!!そんな!!と、ご挨拶してくださった」と振り返った。

 また、はいだがヘルニアになってしまった時は「着物を着て歩くのも大変だったのを、(竹内さんが)キャスター付きの椅子に座らせてくださり、『これ、いいじゃない!!』とお茶目に笑いながら、衣装のお部屋まで椅子を押して連れて行って下さった」こともあったという。

 お世話になった竹内さんに対して「いつかまた、お会いできたら、『あの時は、ありがとうございました。』とお伝えしたいな。とずっと思っていました。叶わなかった。。。」と悲しみをあらわにし、最後は「まだ、信じられない気持ちも大きいですが。。。竹内結子さんのご冥福を心よりお祈り致します」と悼んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月28日のニュース