小澤征悦「僕をお兄ちゃんって」 竹内結子さん急死に声震わせ「まだお悔やみを申し上げたくない」

[ 2020年9月28日 09:37 ]

俳優の小澤征悦
Photo By スポニチ

 俳優の小澤征悦(46)が28日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。急死した人気女優の竹内結子さん(享年40)を悼んだ。

 小澤は「ミス・シャーロックという番組で竹内さんと共演させていただいたて、ごめんなさい、僕もまだ信じられなくて、携帯電話に速報が入ったのを見た時に、思わず2度見しちゃったんですよ。まさかってあまりにも現実的じゃなかったんで」と共演したHulu(フールー)オリジナルドラマ「ミス・シャーロック」を回想。

 「僕が知ってる彼女はもっと前向きでどんどん自分で切り開いていく強い力を持った人で、芝居はソリットでシャープで、でもご本人はチャーミングで優しくて、すごい振り幅のある素晴らしい女優さん」と言い、「僕はお兄さん役をやったんですけど、この作品以来、僕のことをずっと“お兄ちゃん、お兄ちゃん”って呼んでくれたり、チェロを弾くシーンでは、彼女はもちろん弾いたことはなくて、でもこの作品で弾かなきゃいけないというので一生懸命に練習して本番当日、手がぶるぶる震えているのを僕は見てて、でも一発でOK出して、本当にプロの女優さんで頭が上がらない方」と話した。

 そして「僕は彼女と出会えてすごいうれしかったし彼女からすごいいろんなものいただいたし、また彼女の作品を見た方も皆、元気をもらえていると思うので…まだお悔やみを申し上げたくないんです、僕は」と声を震わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月28日のニュース