「半沢直樹」最終回から一夜 キンタロー。が中野渡頭取“完コピ”「お墓のシーンは泣けた」 

[ 2020年9月28日 11:51 ]

キンタロー。
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のキンタロー。(38)が28日、自身のインスタグラムを更新。大反響を呼んだTBS日曜劇場「半沢直樹」の最終回放送から一夜明けたこの日、中野渡謙頭取(北大路欣也)のものまねを披露した。

 スーツ、カツラを駆使して、リアルに中野渡謙頭取をコピー。27日の同作最終回を鑑賞したそうで「中野渡頭取本当にかっこよかった。お墓のシーンでは泣けてきた」と感動したワンシーンを明かし「毎日生きてると信じられない事が起きすぎて大変だし気持ちがついていけない時もあるけど、なんとか奮い立たせて!中野渡頭取のような懐深い男になれるようこの人生を生き抜く!!!みんなで手を取り合い素晴らしい未来にしていこう。半沢直樹最終回本当にありがとうございました。願わくは続編希望!!!」と、早くも続編を熱望した。

 最終回は、中野渡頭取(北大路)にまで裏切られ、バンカーとしての熱意を失いかけていた半沢(堺雅人)だったが、森山(賀来賢人)と瀬名(尾上松也)に背中を押され、もう一度立ち上がり、闘うことを決意。渡真利(及川光博)と共に紀本常務(段田安則)の居場所を突き止めるが、ある衝撃の事実にたどり着く。しかし、中野渡頭取が債権放棄を認める会見の日は目前。運命の最終決戦。待つのは、バンカーの誇りと正義、そして銀行の未来を懸けた全身全霊の「1000倍返し」か?辞表か?…という展開だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月28日のニュース