堺雅人「感慨もひとしお」 撮影2カ月中断「半沢直樹」19日スタート

[ 2020年7月13日 05:30 ]

会見で笑顔を見せる堺雅人
Photo By 提供写真

 堺雅人(46)の主演で19日にスタートするTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の制作発表会見が12日、配信形式で行われた。2013年7月期に放送され、最終回視聴率42・2%の大ヒット作の7年ぶりの続編。前作から出演する香川照之(54)、上戸彩(34)、新キャストの市川猿之助(44)らが集結。新型コロナウイルスの感染拡大で撮影が2カ月間中断したこともあり、堺は「感慨もひとしお。壮大な物語がようやく始まった気がします」と笑顔を見せた。

 今作は作家池井戸潤氏(57)の小説「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。半沢は前作で大和田常務の不正を暴いて倍返ししたものの、東京中央銀行から子会社の東京セントラル証券への出向を命じられた。営業企画部長として赴任後、ある大型案件が舞い込む。大手IT企業による敵対的買収で、株式取得にかかる費用は1500億円以上。同社にとってかつてない規模の案件だったが、これが東京中央銀行との新たな戦いに発展していく。

 ≪14日から「半沢直樹」特別連載~初回は堺雅人≫期待の高まる「半沢直樹」の放送開始に向けて、スポーツニッポンではあす14日から特別連載「半沢直樹 令和の倍返しだ!」がスタートします。初回は主演の堺雅人が登場。7年ぶりに演じる半沢直樹への思いを語ります。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月13日のニュース