舛添氏、小池都知事の“国の問題”発言をチクリ「得意のパフォーマンスだけでは都民は浮かばれない」

[ 2020年7月13日 19:50 ]

舛添要一氏
Photo By スポニチ

 元厚労相で前東京都知事の舛添要一氏(71)が13日、自身のツイッターを更新。小池百合子東京都知事が見せたアクションに対し持論を展開した。

 舛添氏は「東京都の感染拡大について、菅官房長官は『東京問題』として東京都の取り組みを批判したが、これに対して、小池都知事は『国の問題だ』と反論している」と前置きすると「お互いに責任を転嫁するのではなく、双方で協力して対策を考えるべきだ」と力説した。

 最後は「小池都知事の得意のパフォーマンスに使われるのでは、都民は浮かばれない」と、小池都知事の反応に対しチクリ。反論だけで終わるのではなく、形にすべきとしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月13日のニュース