阿佐ヶ谷姉妹・木村美穂 自粛期間中に痩せた理由「仕事のせいでストレスだったんだわ、と」

[ 2020年7月13日 16:21 ]

お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」の木村美穂(左)と渡辺江里子
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」の木村美穂(46)が13日、月曜パートナーを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・00)に出演し、仕事への思いを語る場面があった。

 冒頭、パーソナリティーの大竹まこと(71)から「美穂は何でちょっとスタイルが良くなったの?」と問われ、「あら分かります?」と認めた木村。長らく不摂生な食生活だったが、自粛期間中に玄米を食べるなどして、気を付けるようになったという。

 “姉役”の渡辺江里子(47)が「プラス、夜にお菓子を食べなくなったのがすごく大きいと思うの。美穂さんって、夜にとにかくお菓子が食べたくなるタイプの人間なんですよ。こう見えて隠れパリピみたいなね、夜にノッてきちゃうタイプの人なので、夜にお菓子を食べまくるのがすごく楽しみだったんです」と指摘すると、木村は「楽しかったわね。ちょっとだけ食べて止めるってことが出来なくて。一度開けたら全部食べたいみたいな」と、食べ切っていたことを明かした。

 「ずっとやってましたけど、今はやってないんです」と木村。「自粛で家にいて分かったんですけど、仕事がなくなったときに感じたのが『今、全然ストレスない』と思って。仕事のせいでストレスだったんだわと。それでストレスがなくなって、お菓子を食べなくなった」と、痩せた理由を打ち明けた。

 2007年にコンビを結成、売れない時代が長く続いた。今、仕事があることはとてもありがたいとしつつも、「この仕事が好きなのか…ちょっと嫌なんでしょうね」と言葉を濁した木村。「本来はあんまり人前に出るようなタイプじゃないのに、こういう仕事をしてるっていうのはありますよね。お姉さんに誘われちゃってこうなっちゃった」と、コンビ13年の歴史を振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月13日のニュース