加藤浩次 クラスター発生の舞台に「しっかり検証しないと、同じことを繰り返してしまう」

[ 2020年7月13日 11:00 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(51)が13日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。キャストやスタッフ、観客ら20人以上の新型コロナウイルス感染が明らかになった俳優・山本裕典(32)の主演舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」についてコメントした。

 加藤は「緊急事態宣言が解かれて、そして経済を回していくという話になった。当然、お給料が入らない人がいるから経済を回さないと食べていくのも困るという方がいる。じゃあ経済を回していくと、感染者はどうなるんだっていう時に、専門家の方々は当然増えますと言っていた。でもちゃんと距離を置くとかマスクをするということを守りながら感染者数を最小限にして頑張っていきましょうっていう当初の話だった」と指摘。その上で、クラスターが発生した今回の舞台に「舞台があった中でどういったことが行われていて、どういったことがずさんだったのか、行われていなかったのか。そういったことをしっかり検証しないと、これから舞台をやる方たちが同じことを繰り返してしまう可能性がある」と注意喚起した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月13日のニュース