ジョン・トラボルタの愛妻ケリー・プレストンさん死去 57歳 乳がん闘病2年 映画「ツインズ」など

[ 2020年7月13日 15:45 ]

2010年3月、夫のジョン・トラボルタと映画「ラスト・ソング」のプレミアに登場したケリー・プレストンさん(AP)
Photo By AP

 米俳優ジョン・トラボルタ(66)の妻で米女優のケリー・プレストンさんが乳がんのため死去した。57歳。ハワイ州ホノルル出身。13日、トラボルタが自身のインスタグラムで発表した。

 トラボルタによると、2年間、闘病。医師や友人のサポートに感謝し「ケリーの愛情と人生をずっと忘れない」などと最愛の妻への思いをつづった。

 プレストンさんはUCLAなどで演技を学び、卒業後は多くのテレビドラマに出演。映画デビュー後は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「ツインズ」(1988年)、トム・クルーズ主演の「ザ・エージェント」(96年)などに出演し、活躍。トラボルタ主演の「バトルフィールド・アース」(2000年)で夫婦共演した。

 85年に俳優ケヴィン・ゲイジと結婚も2年後に離婚。91年にトラボルタと再婚。2人の子どもに恵まれたが、09年には16歳の息子ジェットを失う悲劇に見舞われた。10年に第3子男児を出産。トラボルタはまたも最愛の家族を亡くした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月13日のニュース