日テレ 60代取締役の新型コロナ感染を発表

[ 2020年7月13日 14:03 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 日本テレビは13日、同社の60代の取締役が新型コロナウイルスの検査に感染したと発表した。

 同社は「本日、当社の取締役1名(60代)が新型コロナウイルスの検査で「陽性」であることが確認されました」と報告。11日午後に発熱がみられ、13日に医療機関を受診し新型コロナウイルスの検査の結果、「陽性」と判明したという。現在も発熱があり、入院して治療を受けることになった。

 当該取締役は感染が疑われる家族がいたため、今月6日から出社を控えて在宅勤務をしていた。

 「当該取締役は今月6日(月)以降、出社しての業務を控えていたことから、保健所の調査の結果、日本テレビ社内や業務上の取引先関係者等に濃厚接触者はいないと判断されました」とし、「当社では、今後も関係各所と連携し、社内および社外への感染拡大防止と業務にあたる社員・スタッフや関係者の安全確保を最優先に行動してまいります」と記した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月13日のニュース