鴻上尚史氏 クラスター発生舞台に「観客の状況を知りたい。重大な問題です」

[ 2020年7月13日 22:47 ]

劇作家・演出家の鴻上尚史氏
Photo By スポニチ

 劇作家・演出家の鴻上尚史氏(61)が13日、自身のツイッターで、出演者やスタッフ、観客から新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」について言及した。

 鴻上氏は、クラスター発生の記事とともにツイートし「ライブエンタメ界には衝撃的なニュースなのですが、感染された9人の観客の状況をぜひ知りたいと思います」と、どのようにして感染していったのか、その過程に注目。続けて「客席に座っていただけなのか、それとも他のこと、例えば楽屋口の出待ち、握手などをしていたのか。重大な問題です」とつづり、客席の状況や接触の有無について解明が必要であるとした。

 同舞台の主催会社はこの日、公式サイトを更新。6月30日から7月5日に東京・新宿のシアターモリエールで行った公演について、保健所からの連絡で全観覧者(約800人)が濃厚接触者に指定されたと報告した。陽性反応が確認された観覧者は16人に増えている。主演の山本裕典(32)、企画プロデュースした映画評論家の有村昆氏(44)をはじめ、キャストやスタッフ、観客の新型コロナウイルスへの感染が続々と判明。舞台のクラスターは初とみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月13日のニュース