カンニング竹山、舞台クラスター発生で“休む勇気”に言及「一人ひとり意識しないと、芸能の場合はヤバい」

[ 2020年7月13日 22:41 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 カンニング竹山(49)が13日、レギュラー出演するABEMA「AbemaPrime」(月曜後9・00)で、舞台で発生したクラスターについて言及した。

 番組ではキャストやスタッフ、観客に新型コロナウイルス感染者が出た舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」についてピックアップ。同舞台は6月30日から7月5日まで、東京・新宿のシアターモリエールで計12公演行われ、主演の山本裕典(32)、企画プロデュースした映画評論家の有村昆氏(44)ら、13日時点で出演者、スタッフ、観客合わせて計40人の感染者が確認されている。

 同舞台は体調不良者がいる中で上演を続け、さらに小規模な劇場であったため感染者を増やしたとされている。そんな背景を説明された上で、竹山はコメントを求められた。

 竹山は「舞台っていうことでいうと、非常に難しいのはね、1日だけじゃなくて何日もやられてるじゃないですか。やっぱり1人穴あけちゃうと、その役の人っていなくなっちゃいますよね」と前置きしながら「ここのキャスティングってダブルスタンバイ(1役に2人)してたかどうか分かんないけど、このぐらいの(規模の)劇場でやるんだからそうしてない可能性もあると思うんですね。我々演者としたら穴あけちゃいけないから、なんとか無理してでもやるっていうのが、今までの考え方だったんですよね」と、これまでの通例を踏まえつつ、このような状況を招いてしまったスタッフや演者らをおもんぱかった。

 しかし竹山は「でも、これから我々も考えなくちゃいけないのは、たとえ舞台であっても、テレビとかラジオとか全部そうですけど、やっぱりコロナ禍の中、そういう時は休むというのを、ちゃんと一人ひとりが自覚した上でやらないとまた同じことが生まれる」と力説。コロナの特性を踏まえた上で、進むべきか否かを判断すべきとした。

 さらに竹山は「僕だって、正直休むっていうのは怖いから『大丈夫(やれるん)じゃね』って思ったりすることあるけど、そうじゃない(休まなくてはならない)っていうのを一人ひとり(意識を)持っておかないと、芸能の場合はヤバいのかなって思いますよね」と、芸能界全体に対し警鐘を鳴らしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月13日のニュース