坂上忍、舞台クラスター発生で主催者側に苦言「出待ちでファンにサイン頼まれたら断れない」

[ 2020年7月13日 13:56 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(53)が13日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。東京・新宿の劇場で上演された舞台でクラスターが発生した件についてコメントした。

 6月30日~7月5日まで東京・新宿のシアターモリエールで12公演行われた舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」で、主演の山本裕典(32)、企画プロデュースした映画評論家の有村昆氏(44)をはじめ、12日までにキャストやスタッフで21人、観客9人の計30人の新型コロナウイルスへの感染が判明。舞台のクラスターは初とみられる。

 坂上は「あの劇場知ってるけど、小劇場だから…。換気と言っても限界がある」と指摘。また、一部の出演者が出待ちしたファンに握手やサインなどをしていたことについて「出待ちで、サインとかを演者がファンに頼まれたら断れない。周りがそれをやっとかないと」と主催者側に苦言を呈した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月13日のニュース