STU船上劇場終了にエース瀧野 寂しさつづる「もっと一緒に冒険したかったね」

[ 2020年7月9日 19:01 ]

STU48瀧野由美子
Photo By スポニチ

 瀬戸内7県を拠点に活動するSTU48が来春をめどに劇場船「STU48号」での公演を終了すると発表したことについて、エースの瀧野由美子(22)が9日、自身のツイッターでコメントを発表した。

 劇場船は本来、2017年のグループ結成と同時に就航する予定だったが、建設工事の遅れや西日本豪雨の影響などで昨年4月にオープンが延期されていた。これまで発売された全シングルでセンターを務めてきた1期生の瀧野は、昨年4月に行われた船上劇場の初公演にも出演しており、思いもひとしおだった様子。「ずっとずっと待ち続けた船でした。もっと一緒に冒険したかったね 残りの時間も宜しくお願いします」と寂しさをつづった。

 STU48は世界初の劇場船を使い、広島、神戸、香川など拠点とする7県を周遊しながら、各地の港に停泊して劇場公演を行ってきた。9日には公式サイトで、今後は瀬戸内エリアを中心に、各地をめぐって公演を開催するスタイルに変更し、STU48号での公演を来春をめどに終了することを発表していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月9日のニュース