斉藤和巳氏 現役時代の“登板回避”を告白「昼前くらいまで飲んでいて プロとしてあるまじき」

[ 2020年7月9日 11:28 ]

斉藤和巳投手
Photo By スポニチ

 野球解説者の斉藤和巳氏(42)が8日放送のMBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜・後11時56分)にゲスト出演。20勝を挙げてリーグ優勝に貢献した03年の“登板拒否”を告白した。

 番組には、斉藤氏同様に03年に20勝を挙げた阪神の元エース、井川慶氏(40)も出演。井川氏が同年のリーグ優勝祝勝会を「翌日の先発だから」と欠席したことが紹介された。

 これに斉藤氏は「今だから話せるんですけど、僕も優勝した次の日、登板予定やったんです。僕は昼前くらいまで飲んでいて登板回避したんで。プロとしてあるまじき…」と告白。MCの武井壮(47)に「ビールかけとかは行く必要ないと思っていた」と聞かれた井川氏が「優勝しても、お客さんは次の日も来てくれるんで」と答えると、斎藤はさらに落ち込んで顔を伏せ、スタジオは笑いに包まれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月9日のニュース