庄司智春 ミキティー第3子出産のドタバタ告白 立ち会った長女が“実況中継”「頭が出てる~」

[ 2020年7月9日 14:54 ]

「品川庄司」の庄司智春
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春(44)が、9日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)に出演し、第3子誕生の裏話を明かした。

 妻で元モーニング娘。のタレント藤本美貴(35)が今年1月、女児を出産したが、庄司によると「3人目で初めて逆子だったんです」という。番組では藤本のおなかの中で胎児が横になっているエコー写真を披露し、「逆子だったのもあって、顔が見えなかったんです。ずっと半分くらいしか見えなくて」と説明した。

 逆子だと帝王切開での出産になるため、「どうにかして治したいと、逆子体操を夫婦でやったり」と改善を試みたが、直前まで治らなかったという。最終的に、胎児の向きを手術で変えることに成功した。

 出産には、藤本の希望で家族全員が立ち会ったが、そこでもハプニングがあったという。自然分娩(ぶんべん)で、赤ちゃんの頭が見えてきたことを助産師が伝えると、4歳の長女が回り込んでのぞき見。「いやー、頭が出てる~」と、母の出産を“実況中継”した。興味津々な子供の行動とはいえ、周囲は大慌てだったようで、庄司は「『ダメダメダメ、そっち行っちゃダメ』って、バッタバタで出産になったんです」と苦笑いで振り返っていた。

 ドタバタもありながら出産も無事に終わり、庄司は「無事、大きな女の子が生まれました」と報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月9日のニュース