藤井聡太七段 ストレートで史上最年少戴冠なるか 緑色の和服で登場 棋聖戦第3局スタート

[ 2020年7月9日 09:03 ]

初手を指す藤井聡太七段
Photo By 代表撮影

 渡辺明棋聖(36)に藤井聡太七段(17)が挑む将棋の第91期棋聖戦5番勝負第3局が9日、東京都千代田区の都市センターホテルで午前9時に始まった。

 これまでのシリーズ成績は藤井の2勝。第3局を勝てば17歳11カ月でのタイトル獲得になり、史上最年少戴冠の新記録となる。

 この日も藤井は和服を着用した。渋い緑色の羽織に、着物はグレーを基調とした縞柄。6月28日の第2局、7月2日の王位戦7番勝負第1局とも異なる和装で盤に向かった。

 先手は藤井で、持ち時間は各4時間。60分間の昼食休憩を含め、持ち時間を使い切る場合は午後7時過ぎの終局となる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月9日のニュース