志らく コロナ対策せず感染者 店への“罰則”の声に「不まじめな人がおいしい目を見るのは良くない」

[ 2020年7月9日 10:19 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が9日、MCを務めるTBSの情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に出演。東京都内で新型コロナウイルスの新規感染者が増加傾向にあることについて言及した。

 番組では、インターネット上などで、感染対策をせずに感染者を出した店には営業停止など何らかの罰則を設けるべきという意見が出ていることを紹介。これに、志らくは「ちゃんと注意したのに、それをせずにやっていれば当然それなりの罰というか…、でも法的なものはないわけだから、うーん、難しいところではあるんだけれども」とした上で、「でも国民感情、都民感情からしたらば、まじめにやっている人がいるのに、不まじめな人がおいしい目を見るのは良くないですよね、どう考えたってね」と持論を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月9日のニュース