乃木坂・齋藤飛鳥 悲しき“あるある”明かす「いつの間にか違う人に憧れてる」

[ 2020年7月9日 12:18 ]

乃木坂46の齋藤飛鳥
Photo By スポニチ

 女性アイドルグループ「乃木坂46」の1期生・齋藤飛鳥(21)が、7日放送のフジテレビ系「乃木坂46のザ・ドリームバイト!」(火曜後11・30)に出演。悲しき“あるある”事情を打ち明けた。

 この日は「憧れの先輩」についてトーク。同グループ3期生・梅澤美波(21)が「私は(1期生の)白石麻衣さんが好きで乃木坂を好きになりました」と明かすと、番組MCのお笑いコンビ「霜降り明星」の粗品(27)が「飛鳥ちゃんじゃない?」と、齋藤の名前を挙げて聞き返した。

 梅澤は「皆さん大好きです!そこは前提としてあります!」と必死のコメント。齋藤は「でも、結局は『飛鳥さんに憧れてました!』って言って(乃木坂に)入ってきた子も、(活動を)やっていくうちにいつの間にか違う人に憧れてるんですよ」とグループ事情を打ち明け、「“あるある”ですよ」と、悲しい現実を語った。

 せいや(27)は、相方・粗品の振り方に対し「最低な(トークの)回しすんな!梅ちゃん(梅澤)が損するだけだ」とツッコミ、梅澤も「仲悪くなっちゃうから!」とジョークを飛ばして笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月9日のニュース