劇団EXILE・八木将康、新型コロナ感染を公表「気を付けて生活をしていましたが、驚いています」

[ 2020年7月9日 19:30 ]

劇団EXILEの八木将康
Photo By スポニチ

 劇団EXILEの八木将康(32)が新型コロナウイルスに感染したことが9日、所属するLDH JAPANの公式サイトで発表された。症状はなく、体調に問題はないという。八木は自身の公式ブログで「だからこそ他の方へ移してしまう可能性があるので、しっかり回復に努めたいと思います」などとコメントしている。

 八木のコメントは以下の通り。

 いつも応援してくださっている皆様へ
この度、家族の感染から自身の新型コロナウイルス感染が判明しました。
日々気を付けて生活をしていましたがこのような結果となり驚いています。
症状がなく体調には問題ありませんが、
だからこそ他の方へ移してしまう可能性があるので、医師、保健所の指示のもと、しっかり回復に努めたいと思います。
関係各所の皆様にはご迷惑、ご心配をお掛けし大変申し訳ありません。

今後とも変わらぬご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年7月9日
八木将康

 所属事務所によると、八木の感染が判明したのは8日。同社では専門家で構成された「LDH新型コロナウイルス感染症対策専門家チーム」により、所属タレントの検温・体調報告を行ってきたが、5日夜、八木が同居する家族の新型コロナウイルス感染が判明。以降、八木も活動を自粛し、翌6日に検査を受け、8日に感染が判明した。

 ◆八木 将康(やぎ・まさやす)1987年(昭62)8月28日生まれ、北海道出身の32歳。12年、劇団EXILEに入団し俳優活動を始める。同劇団の舞台を中心に、フジテレビ「GTO」、日本テレビ「ワイルド・ヒーローズ」などのドラマに出演。18年には「CRAZY四角形」名義で歌手デビュー。兄はEXILE SHOKICHI。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月9日のニュース