STU48 来春めどに専用劇場船舶「STU48号」が幕、今後は各地巡って公演

[ 2020年7月9日 17:00 ]

STU48号
Photo By 提供写真

 女性アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループとして瀬戸内7県を拠点に活動する「STU48」は9日、公演を行う専用劇場が設置された船舶「STU48号」について、来春をめどに「その役わりを終えさせていただく予定」と公式サイトで発表した。

 これまで、「STU48号」で公演を行ってきた同グループ。公式サイトでは「継続的な公演の開催を望まれるファンの皆様の声に応えるべく、今後は、新型コロナウイルス感染防止対策を講じながら、瀬戸内エリアを中心に、会場を固定せずに各地を巡って公演を開催することといたします」と報告した。

 この意図を「状況に応じて臨機応変な対応で公演を開催することで、より多くのファンの皆様に会いに行く機会を作って参ります」とし、「また、これに伴い残念ながら来春をめどに『STU48号』は、その役わりを終えさせていただく予定ですが、海に育てられたSTU48として、引き続きまた違った形で船上や港での活動を進めて参ります」と伝えた。

 STU48号(857トン)は全長77・8メートル、幅12・5メートル。フェリーとして使用されていた船を改造し、収容人数約300人の劇場を設けた。昨年4月16日に広島市の広島港で就航し、初日公演が行われた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月9日のニュース