中村ゆりか 萌え袖姿の“あざとい”ショット 「かわいい」「これは怖いあざとさが…」

[ 2020年7月9日 13:26 ]

女優の中村ゆりか
Photo By スポニチ

 女優の中村ゆりか(23)が7日、テレビ朝日のバラエティー番組「あざとくてなにが悪いの?」の公式インスタグラムで、“あざとい”ショットを披露した。

 同番組は昨年9月、今年4月に放送された特番。同局の弘中綾香アナウンサー(29)とフリーアナウンサーの田中みな実(33)、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が司会を担当し、“あざとい”について語り合うという内容で、第3弾が今月25日午後11時15分から放送される。

 今回、同番組の再現VTR「あざとい女ミニドラマ」に登場することが決まった中村。同番組の公式インスタグラムでは、「どんな演技を見せてくれるのか!?お楽しみに」といったメッセージとともに、中村がシャツの袖で手を隠す“萌え袖”姿で、カメラ目線で見つめる様子が公開された。

 この投稿には「かわいい」「これは熱い」「萌え袖すでにヤバイい」などとコメントが寄せられていた。

 また、中村は日本テレビ系連続ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(木曜後11・59)に出演中。ヒロインの夫と関係を持つ不倫相手という役柄を務め、その“怪演”が注目を集めていることから「これは怖いあざとさが…w」といった絶賛の声も上がっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月9日のニュース