東国原英夫 都外への移動「百数十人、200人と推移した時、都、国はどう指導するのか」

[ 2020年7月9日 15:23 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元宮崎県知事で衆院議員も務めたタレントの東国原英夫(62)が9日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)に出演。東京都で9日に新型コロナウイルスの感染者が新たに220人以上報告されたことについて言及した。

 東国原は、東京都の小池百合子知事が4日に新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて「他県への不要不急の移動自粛」を呼びかけたのに対し、西村康稔経済再生担当相と菅義偉官房長官が「これまで通り県と県の間の移動は自由」としたことに触れ「小池さんは“東京は国と意見は一致してますよ。体調不良の方は都外に移動しないでくださいねという意味で言ったんです”と意見を変えた」と指摘。その上で「どっちを信じていいのかなということ。今後、百数十人、200人と推移していった時、東京都、国は県境をまたぐ移動をどう指導していくのか。そこを注視したい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月9日のニュース