EXIT・兼近 ワイドナ出演後を振り返り苦笑い「変なバズり方して怖かった」

[ 2020年7月9日 22:58 ]

お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビの「EXIT」の兼近大樹(29)が9日、レギュラー出演するインターネットテレビABEMA「AbemaPrime」(月~金曜後9・00)で、ネットと地上波の違いについて語った。

 トーク中、相方のりんたろー。(34)から「ここ(AbemaPrime)での話が『ワイドナショー』でバズってたんで」と話を振られた兼近。すると兼近は「地上波とネット(TV)ってこんなに違うんだなと感じましたね」と率直な感想を述べた。

 「バランス感覚というか、こっち(ABEMA)って結構攻めてるんだって。そこ(ワイドナショー出演)で(初めて)知ったんですよ」と語る兼近。ワイドショー番組のレギュラー出演は「AbemaPrime」がスタートとなったEXIT。しかも兼近は「そういうの(ワイドショー)見てこなかった」経緯もあり、コメントの出し方についても手探り状態だった。

 そのため「地上波で(ABEMAと)同じようなこと言っただけなにのに、メチャクチャこいつ攻めてんじゃねーか、こいつ爪痕残しに来たなって」思われてしまったと話す兼近。結果的に攻めたコメントが功を奏し、「変なバズり方して、ちょっと怖かった」と苦笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月9日のニュース