純烈・酒井 木下優樹菜の引退理由に「タピオカの話じゃ、もうなくなってきちゃってるっていうか」

[ 2020年7月9日 11:54 ]

純烈の酒井一圭
Photo By スポニチ

歌謡グループ「純烈」のリーダー、酒井一圭(45)が9日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、タレント・木下優樹菜(32)の芸能界引退発表について語った。

 タピオカ店との騒動をめぐり、SNSに批判的な意見が集まった経緯に触れ、「なんかインターネットって怖いな」と感想。木下がタピオカ店のオーナーに送ったダイレクトメールの文面についても「その恫喝の部分の“事務所総出”とか、ちょっと強めすぎますよね。何で、もうちょっと穏便に(話し合えなかったのかな)という思いがありますよね」と話した。

 所属事務所が契約を解除した理由として、サッカー選手との不倫疑惑のほか、男性グループメンバーとの関係があったことも判明。酒井は「いろんなものが…タピオカの話じゃ、もうなくなってきちゃってるっていうか」と引退の背景は複雑だとの見方を示した。

 男性問題については、「昨日、純烈が大阪で無観客ライブやって。囲み取材があったんですね。純烈が男性グループなので、(木下の不倫疑惑の相手は)“純烈ですか?”って聞かれたんですよ。“そんなわけないでしょ!”って話はさせて頂いたんですけど」と否定したエピソードを紹介。「今、視聴者のみなさんも、どの男性グループなのか?って、なっていると思うんですよ」と付け加えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月9日のニュース