つんく♂「この経験はきっとバネに」 近畿大サイバー入学式で祝辞

[ 2020年4月4日 14:30 ]

近畿大のサイバー入学式に出席したつんく♂
Photo By スポニチ

 音楽プロデューサーのつんく♂(51)が4日、出身の近畿大でサイバー入学式に出席した。2014年から同式の総合演出を手掛けるが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で約8000人の新入生が出席しての式典は中止。会場からイインターネット中継でエールを送った。

 毎年、近大生によるユニット「KINDAI GIRLS」のパフォーマンスなどド派手な入学式を手掛けてきたつんく♂。今年は新入生総代1人だけが座る静かな会場のステージに登場し、祝辞が代読された。「世界に一つしかないこの瞬間の入学式を皆さんの心に大切にしまって」と呼びかけた。  

 感染拡大が止まらなない中、「僕は5年半前に病気の末、『決断し』声帯を摘出しました。確かに歌えなくなりましたが、皆さんとこうやって会話できているのも文明の力ってやつです。日々進化する文明や技術が我々の未来に安心を与えてくれるはずです」と期待。新入生にも「この経験はきっとバネになる」と前向きな言葉を贈った。

 近大では、来月6日まで学生の大学構内への立ち入りを原則禁止。前期授業は同7日以降に開始予定だが、当面はオンライン授業となる。「大学生活、キャンパスでもオンラインであっても心に誇りを持って歩いていきましょう」と激励した。

 また、同大学卒のせいや(27)が所属する漫才コンビ「霜降り明星」が校歌斉唱に参加。俳優赤井英和(60)ら著名な卒業生もVTRでメッセージを寄せ、式典に花を添えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月4日のニュース