佐藤二朗 「99人の壁」“サクラ”判明で謝罪「心からお詫び申し上げる」

[ 2020年4月4日 13:14 ]

MCを務める佐藤二朗
Photo By スポニチ

 俳優の佐藤二朗(50)が4日、自身のツイッターを更新。自身がMCを務めるフジテレビクイズ番組「超逆境クイズバトル!!99人の壁」(土曜後7・00)での“サクラ”発覚後、初めてツイートし、番組の手法を謝罪した。

 佐藤は「残念だ。99人の壁と謳っているのに99人の解答者を揃え切れない回があったとの事。現在は改善されてると聞くが、お客様(視聴者の皆様)には心からお詫び申し上げる」と謝罪。「スタッフと話し合い、褌を締め直した彼らと今後も作品を創ると決めた。真剣勝負。これこそが、この作品の誠意でなければならない」と訴えた。

 フジテレビは3日、同番組で参加者計100人を1対99に分けて対決させる際に人数が足りず、解答権のないエキストラを出演させ、本来の参加者に見せかけていたと発表した。「番組コンセプトを逸脱した不適切な手法。視聴者の信頼を損なった」として謝罪した。

 同番組には毎回、オーディションを経た一般視聴者や著名人ら100人が参加。「チャレンジャー」として選ばれた1人が、早押しクイズなどで99人と争う形式だった。これまでにない形式のクイズ番組として視聴者からの評価も高かった。

 3回の特番を経て2018年10月20日からレギュラー放送がスタート。特番時代の18年8月15日の放送と、レギュラー化されてから19年10月26日放送分までの26回で、解答権のないエキストラが使用された。平均で10人強の補てんがあり、多い時では二十数人に及んでいた。

 今年2月中旬、エキストラの一人が放送倫理・番組向上機構(BPO)に連絡し判明。局内での調査を経て“やらせ”の事実が判明し発表に至った。同局では13年に放送された「ほこ×たて」の「スナイパー軍団VSラジコン軍団」の企画で、“ねつ造”が判明し番組終了に至ったこともあった。

 同局はこの日、「今後、不測の事態で人数不足が生じた場合でも、その旨を明確にした上で放送することにいたしました」と説明。「視聴者の皆さまの信頼を損なう形となっていたことを真摯(しんし)に反省し、番組をご覧の皆さまおよびすべての出演者、関係各位の方々に心からおわび申し上げます」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月4日のニュース