ニッチェが「王様のブランチ」テレワーク出演語る「仕事のような、プライベートのような」

[ 2020年4月4日 15:59 ]

ニッチェの江上敬子(左)と近藤くみこ
Photo By スポニチ

 女性お笑いコンビ「ニッチェ」が4日、自身のSNSを更新し、テレワーク生出演したTBS系「王様のブランチ」(土曜前9・30)の感想を語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、番組はMCのアンジャッシュ・渡部建(47)、佐藤栞里(29)らを除く一部レギュラー出演者が、スタジオ外から中継で出演していた。自宅から出演した江上敬子(35)は放送終了後、公式ブログで「いつもと違う、少しリラックスできる環境で楽しかった」と感想を語った。2015年に結婚した一般男性の夫がサングラス姿で飛び入り出演するなど、自宅中継ならではの出来事もあった。

 江上はブログで舞台裏の様子も紹介した。「20分の休憩時間は、2人でこうやってお昼ごはん」と、カップうどん、おにぎりが並べられたテーブルでくつろぐ夫の写真も掲載。「仕事のような、プライベートのような、不思議な空間」とつづった。

 同じく自宅から出演した相方の近藤くみこ(37)は、自身の公式ツイッターで「王様のブランチ テレワーク放送ありがとうございました!」と報告した。放送中には音声トラブルという不測の事態もあり、「音声トラブル時に(話を)振ってもらってたみたいで、反応できず無念です」とツイート。「スタジオにいる時とテレワークとはやはり勝手が違うので戸惑いもありましたが、次回があるならば善処したいと思います!」と誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月4日のニュース