中居正広 新型コロナ著名人の公表に「学びはある」も自身は…

[ 2020年4月4日 14:25 ]

タレントの中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(47)が4日、MCを務めるテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、著名人の感染公表について自身の考え方を語る場面があった。

 番組では、新型コロナウイルス感染症の専門家として、ナビタスクリニック理事長・久住英二医師をゲストに迎え、今だから確認しておきたい新型コロナウイルスの情報について特集した。

 著名人の感染公表について聞かれた久住医師は「病気になったということはプライバシーなのでいかに公人といえども公表の義務はありません。当然、謝る必要もないし、他の人が詮索する権利もない」と説明した。

 「公表するのかな?って」ともらした中居。「俺はなってないからわからないですけど、自分がなった場合、本当に藤浪(晋太郎)選手とか著名人が実はこうでした、ああでしたって、公表してくれるのは学びはあるかなとは思うんですけど」としつつも「自分がなった場合はそうすればいいんですか?」と投げかけた。

 日本の著名人では、先月29日に亡くなった志村けんさんをはじめ、野球評論家の梨田昌孝氏(66)、プロ野球・阪神の藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)、脚本家の宮藤官九郎氏(49)、お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)などが名前を公表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月4日のニュース