インパルス板倉 共演の森三中・黒沢の新型コロナ感染公表に「『まさか』はどこにもありませんな」

[ 2020年4月4日 15:23 ]

インパルスの板倉俊之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「インパルス」の板倉俊之(42)が4日、自身のツイッターで、3月にロケ共演したお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)が新型コロナウイルス感染を公表したことを受け、「僕は元気です」と自身の現状を報告した。

 板倉はテレビ埼玉のバラエティー番組「いたくろむらせのオンとオフ」でNMB48の村瀬紗英(23)とともに黒沢と共演中。黒沢が発症したと思われる21日にも同番組のロケを行っていた。

 板倉は「黒沢さんの件で心配してくれている方々、僕は元気です」と自身の体調について報告。「ついさっき連絡をくれた保健所の方によると、接触してから二週間以上が経過したため、健康観察期間は終了とのことでした」と経過観察期間は終了したことを明かし、「引き続き気をつけて生活するようにとも。しかしもはや、『まさか』はどこにもありませんな…」とつづった。

 吉本興業によると、黒沢は3月21日に発熱の症状が見られ、その後回復するも、味覚、嗅覚異常の症状のみが残存し、回復が見られないことから都内の保健所に連絡し、複数の医療機関を受診。今月2日に受診した医療機関において、CT検査を行ったところ、肺炎の診断を受け、最終的にPCR検査を受診し、3日夜に新型コロナウイルスに感染しているとの診断を受けたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月4日のニュース