×

阪神・梅野 連日のお立ち台「明日も勝つばい」 4勝目の伊藤将「梅さんのリードのおかげ」

[ 2022年6月25日 18:59 ]

セ・リーグ   阪神10ー0中日 ( 2022年6月25日    甲子園 )

<神・中>ヒーローインタビューで「明日も勝つばい」とファンを盛り上げる梅野(右)と伊藤将(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神は先発全員安打となる14安打を放ち、2桁10得点で土曜日は7連勝。お立ち台には8回無失点で4勝目の伊藤将、そして2年目左腕をリードし2安打2得点の梅野が2日連続で登場した。以下は一問一答。

 ――4勝目。ナイスピッチングでした。
 伊藤将「ありがとうございます」

 ――8回無失点。試合を振り返って。
 「そうですね。梅さんのリードのおかげでこういうピッチングができた。良かったです」

 ――状態は。
 「そこまでは良くなかったです」

 ――それでも無失点。
 「ランナーを出しても粘り強く、0で帰ってくることができた。そこは良かった」

 ――打線も援護。
 「大量の得点が入ったので、自分も気持ちよく投げることができた」

 ――自身もタイムリー。
 「自分でも凄くいいバッティングができました」

 ――甲子園では7連勝。
 「最高です」

 ――ここは格別か。
 「満員でファンの方に見てもらいながら、いいピッチングできるのは気持ちいいです」

 ――ファンへ一言。
 「次も精いっぱい投げるので、応援よろしくお願いします」

 ――梅野選手も連日のヒーロー。
 梅野「昨日ナイター、今日デーで2回続けて、ここに立てるのは光栄に思います」

 ――毎回走者を背負ったが。
 「将司がタイミングを変えながら、自分の間合いを常に持ってくれて、粘り強い、エラーで出したランナーでも0で抑えて帰ってくる。そういう粘り強いピッチングが1人1人、1イニング1イニング、将司自身も粘り強く投げるというのをテーマに投げていたので、それができてよかった」

 ――打っても2安打。
 「自分がやっぱりなかなか出れなくて、得点につながらなかった分、今回はしっかり得点につながるような出塁ができた。きのうと一転、チャンスメークをする形で将司がしっかり送って、タイムリーだったり得点ができたので、きょうは内容のある打席が続いたと思う」

 ――試合に出る思いは。
 「変わらずに任せられたところをタイガースのためにしっかりとするだけ。たくさんの歓声がきのうも言いましたが、自分自身うれしく思うし、モチベーションにもなる。ファンの前でプレーするのを日々感謝をもって、戦いに準備しています」

 ――この連勝をどうつなげるのか。
 「基本的にはピッチャーが頑張って抑えて、ゲームをつくって勝っていくのがタイガースのスタイル。常に忘れずに、キャッチャーとしても常にピッチャーを引っ張っていく。そのテーマを将司が凄くいいピッチングをしてくれて、西純矢にしっかりバトン渡せたと思うので、また今後1勝を積み重ねて連勝していきたい」

 ――それでは最後に。
 「心の中でお願いします。明日も勝つばい」

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月25日のニュース