×

日本ハムが前カブス傘下3Aのメネズ獲得 新庄監督が「左投手の強化を」と要望

[ 2022年6月25日 06:00 ]

日本ハムが獲得した、コナー・メネズ投手
Photo By ゲッティ=共同

 日本ハムは24日、前カブス傘下3Aのコナー・メネズ投手(27)と契約合意に達したと発表した。今季終了までの契約で年俸3000万円プラス出来高払い。背番号は70。メジャー通算24試合で2勝1敗、防御率3・95の実績を持つ左腕について、稲葉篤紀GM(49)はセットアッパーとして起用する意向を示した。

 チームが今季ワーストを更新する6連敗を喫した23分後だった。メジャー通算24試合に登板した実績を持つ技巧派左腕・メネズの獲得を電撃発表。稲葉GMは「ビッグボスからは“左投手の強化を”という要望を受けていたので、メネズ投手には試合終盤の大事な場面で力を発揮してくれることを大いに期待しています」とセットアッパーとして起用する考えを示した。

 今季は昨季最優秀中継ぎ投手・堀と宮西の両左腕が不調で、それぞれ2軍調整を経験。堀は再昇格を果たしたが、宮西は現在も再調整が続く。稲葉GMはメネズについて「直球の平均球速は145キロほどと力で押すタイプではありませんが、タイミングを外す独特な投球フォームで打者を翻弄(ほんろう)する、今のファイターズにはいない左腕。特徴的なチェンジアップがありながらも、短いイニングの登板ではスライダーとカーブをメインにうまく組み立てている」と印象を語った。

 レッズなどで367試合に出場した元メジャー捕手で、92年にはマリナーズで監督を務めた経歴を持つビル・プラマー氏を祖父に持つメネズは、球団を通じ「新たな環境でのプレーに気持ちがたかぶるだけでなく、日本の文化にも興味があるため、北海道での生活が本当に楽しみ」とコメントした。チーム防御率がリーグワーストの3・66と苦しむ投手陣の救世主として期待される。(東尾 洋樹)

 ◇コナー・メネズ 1995年5月29日生まれ、米カリフォルニア州出身の27歳。米マスターズ大から16年ドラフト14巡目でジャイアンツ入り。メジャーデビューは19年で、今季はカブスで1試合(1イニング)に登板し0勝0敗、防御率0・00。今月6日に傘下3Aに降格した。マイナー通算126試合(先発は86試合)30勝25敗1セーブ、防御率4・36。1メートル88、93キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月25日のニュース