×

東北に「栗林2世」出現 富士大・金村尚真が150キロ&七色変化球で15K「1位でプロに」

[ 2022年5月21日 23:54 ]

北東北大学リーグ最終週第1日   富士大11―2青森大 ( 2022年5月21日    八戸東運動公園 )

青森大戦で自己最速タイの150キロを計測した金村
Photo By スポニチ

 富士大が青森大に11―2で7回コールド勝ちし、4季連続37度目のリーグ優勝。全日本大学野球選手権(6月6日から7日間、神宮、東京ドーム)への出場を決めた。今秋のドラフト候補に挙がる最速150キロ右腕・金村尚真投手(4年)は9安打2失点で7回完投勝利を挙げた。

 初回の先頭打者に左越えソロ。2番打者には中前に弾き返されたが、「ここから相手が打てなくなるくらい気持ちを入れてなげようと思った」とマウンド上の金村は燃えた。3番打者を142キロの直球で空振り三振に仕留めると、奪三振ショーが開演した。

 コンパクトなテイクバックから直球、カットボール、スライダー、スプリット、90キロ台のカーブ、チェンジアップなどを自在に投げ分けた。どの球種も決め球となり、打者のスイングには迷いが生じた。2回に3三振を奪うと、続く3回も3三振。5回には自己最速タイとなる150キロを計測すると、6回に再び3奪三振。試合は7回コールドとなり、15三振でストップしたが、リーグ記録の19も狙える圧巻の投球だった。

 最後の打者をカットボールで空振り三振に斬ると、マウンド上でガッツポース。試合後は歓喜のナインに胴上げされ「4年生の責任を持って投げてきた。打線が助けになりました」と喜びを語った。

 快投を見せた右腕を2球団スカウトが視察。広島・近藤芳久スカウトは「制球に安定感があり四球で崩れることがない。テイクバックの小さなフォームは栗林に似ている。変化球で緩急を使うことができ、どの球種でもストライクが取ることができる」と高評価を与えた。

 全日本大学野球選手権の出場を勝ち取った金村は「全国で勝たないとプロの評価にならない。プロにいく以上、1位でいきたいという思いはあります」と高みを見据えた。(柳内 遼平)

 ◇金村 尚真(かねむら・しょうま)2000年(平12)8月29日生まれ、沖縄県豊見城市出身の21歳。上田小3年時に豊見城ジュニアで野球を始める。豊見城中では軟式野球部に所属し、侍ジャパンU15に選出。岡山学芸館では甲子園出場なし。富士大では1年春からベンチ入り。球種はカーブ、スライダー、カットボール、スプリット、チェンジアップ、ツーシーム。1メートル76、83キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月21日のニュース