×

カブス・誠也、4打数無安打 連続試合安打7でストップ メジャー初の失策も…

[ 2022年5月21日 02:30 ]

ナ・リーグ   カブス1ー3ダイヤモンドバックス ( 2022年5月19日    シカゴ )

ダイヤモンドバックス戦の2回、見逃し三振に倒れたカブス・鈴木
Photo By 共同

 カブスの鈴木は「4番・右翼」で出場し4打数無安打。連続試合安打が7で止まった。2回は際どい球がストライクと判定されて見逃し三振。6回も追い込まれてから外角に手が出ず、見逃し三振に倒れた。

 守備では4回2死二塁からの右前打で本塁送球が大きくそれ、打者に二塁進塁を許しメジャー初の失策。18日には「難しい打球も想定しながら守備に挑んでいる。今のところは落ち着いてできている」としていたが、精彩を欠いた一日となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月21日のニュース