×

阪神・長坂 初のお立ち台で「しびれた」4連発 好プレー好リードにファンもしびれた

[ 2022年5月21日 18:07 ]

セ・リーグ   阪神2-1巨人 ( 2022年5月21日    甲子園 )

<神・巨>ヒーローインタビューで観客を沸かす長坂(右)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 逃げ切り勝利で、「大阪タイガース」として今季初勝利。先発のウィルカーソンは巨人戦2勝目に「ジャイアンツキラーと呼んでくれ」と名乗りを挙げれば、4年ぶりスタメンで2点目のスクイズ、終盤も肩とリードで勝利を死守した長坂は初のお立ち台で「しびれた」4連発を披露した。

 ――ウィルカーソンは3勝目。ナイスピッチング。
 ウィルカーソン「ありがとう」

 ――どんな意識で。最後はどう見ていた。
 ウィルカーソン「緩急を使いながら、よく制球して、いいピッチングをすることができました。最後の回は野球の面白いところで、最後の1球終わってみんなが興奮する試合だった」

 ――2勝が巨人戦、ジャイアンツキラーと呼んでいいですね。
 ウィルカーソン「そうだね。OK」

 ――甲子園での巨人戦には特別な意味がファンにはある。
 ウィルカーソン「本拠地2度目の登板で、ともに巨人戦でいいピッチングができて良かった。ただ自分だけでなく、後ろで守ってくれた守備の人たちも、点を取ってくれた攻撃陣、そして中継ぎ陣もチームスポーツ、チームで勝った1勝なので勝つことが出来て良かった」

 ――前回のお立ち台では愛してると。覚えた日本語は。
 ウィルカーソン「タイガースファン スキヤネン」

 ――次はマルテ、初回に先制タイムリー。
 マルテ「いい仕事ができるように準備はしっかりしていたし、チームも勝って良かった」

 ――甲子園では初打点。
 マルテ「準備できていたのと、みなさんが応援してくれたおかげだと思っている。1点何とか取りたい場面で取れてよかった」

 ――3安打で猛打賞。
 マルテ「いつも準備できている。引き続きしっかり準備していきたい。きょうはバッテリーですごくいい仕事をしてくれたのが勝ちにつながった」

 ――長坂選手、ヒーローインタビューは。
 長坂「初めてです」

 ――景色を見て。
 長坂「すっごい気持ちいいです」

 ――4年ぶりスタメンだった。
 長坂「僕にできること必死にやって、何とか爪痕を残そうと。その気持ちだけでやりました」

 ――スクイズも決めた。
 長坂「本当はヒット打ってランナーをかえしたかったけど、あまり打てると思われてないので。でもスクイズでも1点は1点なんで。僕の仕事ができたと思います」

 ――終盤は。
 長坂「めちゃめちゃしびれました」

 ――盗塁も刺した。
 長坂「めちゃめちゃしびれました」

 ――明日も甲子園は完売。
 長坂「めちゃめちゃしびれてます」

 ――明日に向けて。
 長坂「めちゃめちゃしびれていきます」

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月21日のニュース