×

阪神・湯浅 11試合連続無失点 うなった自慢の直球「攻めの投球を心がけました」

[ 2022年5月21日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-6巨人 ( 2022年5月20日    甲子園 )

<神・巨>延長11回、登板する湯浅(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神・湯浅が連続試合無失点を「11」に伸ばした。「攻撃に流れを持ってくることができるような攻めの投球を心がけました。しっかりと自分のボールを投げきることができました」。11回に6番手として登板。増田、北村、大城に対して初球は全てスライダーから入って困惑させ、最後は150キロを超える自慢の直球で仕留めた。15球で料理し、リーグ2位の11ホールド目。セットアッパーとして貫禄すら漂わせてきた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月21日のニュース